ブラのサイズはシカトしたほうがいい?正しいブラサイズの選び方

コラム

 

ブラジャーサイズはシカトした方が良いって本当?

下着メーカーやブランドによってカップサイズが全然違うのは、皆さんもなんとなくご経験から分かるかと思います。
ですが、その同じメーカーやブランドの中でさえもデザインなどによって大きくサイズは異なってきます。
一般的にブラジャーサイズを選ぶ際にはアンダーとトップの数値差で考えますが、ここではあまり意識しないで測定から出たカップ数からワンカップ上はもちろん、前後ワンサイズ違う、アンダーサイズとカップサイズをつけてみることもお勧めします。

例 : C75=D70 , B80

理由は、一般的なサイズ測定表では数値差が5センチ増えるごとにカップサイズが大きくなります。そのような規則的なサイズ測定のメジャー採寸だけでは正しいバストサイズを選ぶのは難しいのです。
いっその事一般のサイズ表記など気にせずに、ざっくりだけど、しっかり見てみることで、普段なら選ばないサイズのブラも試着し、自分に本当にあったブラを見つけ、美しいバストのためのブラジャー選びをしていきましょう。

このように、ブラジャーサイズ選びは意外とざっくりと選んだ方が自分に本当にあったブラに出会えるのです。
ですから、ブラ選びの際はカップ数など気にせず、たくさん試着し、自分のバストに本当にあったオリジナルブラを見つけて素敵な美バストを育てていきましょう。

ブラジャー選びの注意点と意識して欲しい3つのポイント

 

安易にアンダーサイズ 時を選ばないようにする。

身長が150-153cm以下や、骨格がかなり小柄な方以外のアンダー的は危険です。血流を止めてしまいますし、アンダーをくびれ近くで巻いている可能性も高く、それでは垂れ乳の大きな原因に。

ワイヤーサイズに注意

いくらアンダーやカップがあっているように見えてもカップを支えるワイヤー部分が大きすぎては、バストがきちんと形を覚えてくれません。何より服を着た時に太って見えます。

ワイヤー幅が自分の理想とするバージスラインや体の幅に対し、大きすぎないか、小さすぎないかきちんとみてみましょう。

分厚いパッド

よく寄せて上げるブラが販売されていますが、特別な日限定にしましょう。理由は、分厚いパッドによりバージスラインと乳首から下のバストの厚みが潰されてしまうからです。
また、上げるという行為も同様で、ストラップ部分を短くしすぎると、ブラを引き上げすぎてしまい、これもまたバスト下部のバージスラインをかき消す原因となります。

 

また、就寝時などはは、全方位からやさしくカバーしてくれる「ナイトブラ」と言われるものが最近人気になっています。

ただし様々な商品が出ており、上記のように、むやみに寄せてあげるブラもあります。

こちらのサイトを参考にされると良いかと思います。

ナイトブラ60枚以上を着用比較!おすすめ人気ランキング10選

https://28ko.jp/recommend/